暑い季節におすすめ!美味しくて体に優しい「氷出し茶」の魅力とは?

こんにちは、流芳園(りゅうほうえん)です。

桜が散り、気温も高くなってきましたね。

夏に向けてどんどん暑くなっていくと思うので、
水分補給をしっかりすることが大切です。

今回は暑い時にぴったりの「氷出し茶」についてご紹介します!

「氷出し茶ってどんなお茶?」
「氷出し茶の美味しい淹れ方を教えて!」
「氷出し茶に向いているお茶は?」
今回はこういった疑問にお答えします。

本記事から分かること

 ・氷出し茶について

 ・美味しい氷出し茶の淹れ方

 ・氷出し茶に適したお茶の紹介

記事の信頼性

流芳園の景観

・緑茶発祥の地 宇治田原に店舗

・創業200余年の日本茶専門店

・農林水産大臣賞を複数回受賞

氷出し茶について

氷出し茶はなかなか聞き馴染みがない方も多いと思います。

どういったお茶なのかについて説明していきますね!

氷出し茶とは?

氷出し茶、 お茶は低温で抽出することで、
「旨み・甘み」の成分 アミノ酸を強調した味のお茶を楽しんでいただけます。
実は高温で抽出しても 低温で抽出してもアミノ酸の抽出量はほとんど変わりません。

テアニン※緑茶特有のアミノ酸

ではなぜ高温でお茶を抽出すると、
「旨み・甘み」を感じないのかということになります。

お茶の成分にはカテキン類(別名タンニン酸)という成分があり、
主に渋味・苦味の原因です。

これらは「旨み・甘み」の成分 アミノ酸と違い、
高温のほうが抽出されやすいのが特徴。

お茶の味に温度と時間は比例しますので、
低温でゆっくりお茶を淹れたほうが旨甘いお茶を飲んでいただけます。

結論
低温のお湯が更に冷えると「水」「氷」になり、
『氷出し茶』や『氷出し玉露』は、
「旨味・甘味」を強調した味のお茶を楽しんでいただけます。

【豆知識】
テアニンについて
緑茶特有のテアニンは、リラックスや疲労感に良いといわれております。
日々の睡眠の質を高め、翌日に疲労感を少しでも抑えられれば、
仕事・スポーツに打ち込めるのではないでしょうか。
テアニンは玉露系の茶葉に多く含まれているといわれています。

カテキン類(エピガロカテキンガレード)
高温でも抽出されやすい成分で、緑茶に多く含まれています。
健康に寄与する部分については未解明な部分も多く、
逆に多くの可能性を秘めた成分であると考えられ、研究が進められています。
現在は、抗ウィルスの効果から緑茶でうがいがよく知られています。

香りや、味は?

味わいは、極めて甘いといえます。

ここでは、氷出し玉露をおすすめしたいと思います。
理由は、甘いお茶だからです。

そして、抹茶のような香りとは、
玉露系のお茶の特徴である「覆い香(おおいか)」です。

茶園に被覆し、人工的に影をつくることで生まれる香りと味わい、
光合成を弱め、土についている期間を長くすることができるので味わいもUPします。

■point
玉露は甘みと抹茶のような香りが特徴。
煎茶は、渋味・苦味と旨味の調和がとれ、後味に清涼感があることが重要。

氷出し茶の中でも、氷出し玉露はとても甘く、
抹茶のような良い香りがするお茶を楽しむことができます。

どういった時に飲むと良い?

夏場に大切なお客様がいらっしゃったときや、
恋人とのディナーの食前酒の変わりに良いのではないでしょうか。

そして、スイーツタイムやご自身の一番大切な一人で自由にできる、
ほんのひとときの休憩時間に少し贅沢な氷出し玉露は特別です。

最近は、寒い時期でも氷出し玉露を楽しんでいただける方が増えています。

氷出し茶の美味しい淹れ方をプロがご紹介!

では、美味しい氷出し茶の淹れ方について説明していきますね。

【氷出し玉露の淹れ方(二人分)】

準備物:急須、茶葉、氷、茶碗(ワイングラス・シャンパングラス)

① 急須を用意します。

② 茶葉(玉露)5g(大さじ/カレースプーンに普通盛り1杯)を急須に入れます。

③ 茶葉の上に3~4個の氷を入れます。

※氷はご家庭製氷機○・市販の氷◎どちらでも可
※もし地下水を使用される場合は十分お気をつけ下さい

④ 夏場であれば1時間~1時間半で氷が溶けます。

 (少しくらい氷が残っていても問題ありません)

⑤急須から器(茶碗・ワイングラス・シャンパングラス)へ回し注ぎ
 (1・2→2・1の順番で最後の一滴まで注いで下さい)

⑥ 出来上がり

ワイングラスやシャンパングラスなどを使用することで、
香りと味わいが感じやすくなります。

ぜひ一緒に淹れてみてください。

氷出し茶におすすめのお茶!

氷出し茶におすすめのお茶をいくつかご紹介しますね!

秘園の露(ひえんのつゆ)

流芳園の秘園の露

丁寧に茶葉を手摘みすることで生まれた、
柔らかみのある舌触りと上品な旨味が特徴。
うっすらと乳白の濁りが感じられる水色は、
濃厚な旨味が凝縮されたもので玉露本来の深い甘みと余韻を感じていただけます。

茶種:玉露
料金:3,240円 / 88g(税込)

秘園の露の購入はこちらから

甘露(かんろ)

流芳園の甘露

玉露本来の甘さと共に、果実のような香味がしっかりと口の中で感じられます。
また、玉露の芯の部分を贅沢に使用することで、
上品な香りと柔らかみのあるコクを合わせ持った贅沢な玉露となっています。

茶種:玉露
料金:2,160円 / 88g(税込)

甘露の購入はこちらから

まとめ:氷出し茶の美味しさを体験してみよう

いかがでしたでしょうか。

氷出し茶は、お湯で淹れるお茶・水出し茶ともまた違う美味しさを体験でき、
今までにない味わいと出会うことができます。

暑い夏にもぴったり、大事な接客にもぴったりの氷出し茶を一度お試しあれ!

>宇治茶の通販 京都 りゅうほうえん

宇治茶の通販 京都 りゅうほうえん

りゅうほうえん

CTR IMG