焙じ茶 宇治の香
サムネイル画像
サムネイル画像
サムネイル画像

焙じ茶 宇治の香

432円(内税)〜1,080円(内税)
容量
数量
茶葉の紹介
焙じ茶 宇治の香の特徴とは?

口当たりあっさり 子供からお年寄りまで

焙じ茶 宇治の香のオススメ

■「ほうじ茶 宇治の香り」はどのようなお茶?

香ばしい香りで、何杯でも飲める(ほうじ茶「宇治の香」は香りや味はしっかり味わえるのに成分は強くないので何杯でもご愛飲いただけます)。
また、茶葉を焙じることで苦味成分のカテキン(タンニン)が壊れ、渋味や苦味が抑えられており口当たりも良くあっさりとしている。
また、カフェインが少ないので胃への負担もあまりないことから、子供からお年寄りや妊娠中の方まで安心して飲用できるお茶。

焙じ茶 宇治の香の美味しいお茶の淹れ方とは?

ほうじ茶をヤカンで煮だす時間について

分量(2人分※1日分)
焙じ茶 宇治の香の淹れる温度や分量

■用意するものはなんですか?

「茶葉」「ヤカン(3リットル以上推奨)」「水2リットル」

■水の量は?(ほうじ茶をヤカンで煮だし、二人暮らしの一日分を作る)

まずは、3リットル以上のヤカンを用意し水を7分目まで張って沸騰させます。
カルキ臭が強いと感じる季節( ※多いのは夏場ですが、地域によって違いますので詳しくは水道局へ)は沸騰してからさらに5分以上沸騰を続けてみてください、カルキ臭の元は塩素ですので蒸発させることで解消されます。
また日本の水道水は非常に優れていますので多少カルキ臭がしても人体に影響のない程度の使用量に設定してくださっていますのでそのまま飲用しても問題ないと考えられます。

■茶葉の量などは?(ほうじ茶をヤカンで煮だし、二人暮らしの一日分を作る)

沸騰後、茶葉を7〜10g程度入れます、このとき茶葉を不織布のティーバッグなどに入れておくと、茶葉を取り除く場合でも茶葉を取り除かない場合でもご愛飲いただくときに茶こしなどをわざわざ使用しなくてよいので便利です。

■煮だす時間は?(ほうじ茶をヤカンで煮だし、二人暮らしの一日分を作る)

そして、ほうじ茶を煮出す時間は2分が目安ですが、たまに10分間程度煮だしてしまうときもあるかもしれませんが、少し味が濃くなる程度で特に問題にならないことが大半です。
また、茶葉は取り出しても取り出さなくても構いません。

宇治茶の通販で人気の焙じ茶 宇治の香の特徴とは?

専門的には焙焼香(ばいしょうこう)という、ほうじ茶が持つ独特の香ばしさ

焙じ茶 宇治の香の淹れる温度や分量

■ほうじ茶とは?

ほうじ茶の由来は、番茶を焙じて飲用する茶であるため、「ほうじ番」「ほうじ番茶」ともいわれます。
茶葉を焙じることにより、ほうじ香、専門的には焙焼香というほうじ茶独特の香ばしさがあり、苦みや渋みがほとんどなく口当たりも非常にあっさりとしています。

焙じ茶 宇治の香の簡単な淹れ方とは?

カフェインやカテキンが少なく、子どもや病人、お年寄りまで安心して飲用できる

■「ほうじ茶 宇治の香り」の特徴を詳しく教えていただけますか?

ほうじ茶 宇治の香はカテキン・カフェインの少ない硬い葉を高熱で焙じることで苦味や渋味成分であるカテキンは壊れて少なくなり、苦味成分のカフェインは昇華してしまいます。
苦みや渋みの味わいを構成するカテキン・カフェインが少ない素材を使用していることもあり、渋みや苦みが抑えられ、あっさりした味わいが特徴です。
カフェインが少ないので、子どもや病人、お年寄りまで安心して飲用できるお茶です。

焙じ茶 宇治の香
名称原材料産地賞味期限
ほうじ茶緑茶(国産)国産6ヶ月
宇治茶の通販・お取り寄せ 流芳園|京都の老舗お茶屋【熱湯玉露・煎茶】
カテゴリーから探す
宇治茶の流芳園について
お買い物ガイド
ブログ
アカウント
お問い合わせ

Follow Us On