素朴仕立て 白折(しらおれ)
サムネイル画像
サムネイル画像
サムネイル画像

素朴仕立て 白折(しらおれ)

1,080円(内税)〜2,160円(内税)
容量
数量
茶葉の紹介
素朴仕立て 白折(しらおれ)の特徴とは?

本来の宇治玉露らしい贅沢な味わいを

素朴仕立て 白折(しらおれ)のオススメ

■「素朴仕立 白折」はどのようなお茶?

京都宇治田原で厳しい四季を通して丹精込めて育まれた玉露「宇治光」。
この茶葉と出会い、素材が持つ本来の味をそのまま生かしたお茶「素朴仕立 白折」ができあがりました。
新茶の時期(5月下旬頃)には新鮮な果実のような味を楽しめ、夏を越すと旨味と華やかな香味から贅沢な味わいを感じていただけます。
さらに、宇治田原産の上質な茶葉を仕上げることで取れる白い茎(白棒)を合組することで、雑味を和らげ、まろやかな甘味を程よく引き立てています。
一口含めば宇治玉露らしい本来の味をそのままに濃さと華やかさを実感いただけます。

素朴仕立て 白折(しらおれ)の美味しいお茶の淹れ方とは?

旨味と甘みのバランスは40°Cが最適温度、コクのある味わい水出し茶もおすすめ

分量(3人分)(水出し茶)
素朴仕立て 白折(しらおれ)の淹れる温度や分量

「40°C」がこのお茶「白折」をもっとも美味しく淹れられる温度です。
さらに素材の良さからコクのある味わいを楽しむことができる水出し茶もおすすめです。
ここでは、「40°C」で3人分の淹れ方をご案内します。
湯温が高いと渋味や苦味がでやすいので約40°Cまで湯さましをします。

■用意するものはなんですか?

「茶葉」「急須」「湯さまし器(無い場合は浅く平ための器、ごはん茶碗など)」「玉露碗3つ」「大さじ(無ければカレースプーン)」「沸騰させたお湯100°Cで200cc」「布巾(フキン)」

■湯さまし、お湯の量は?「素朴仕立 白折」の淹れ方について

まずは、お湯を沸騰させておきましょう。
そして湯さまし器(無い場合は浅く平ための器、ごはん茶碗など)1つ、そして60mlの湯呑を3つ準備し、お湯を湯さまし器に200ml入れ、湯さまし器が温かくなるまで5〜10秒待ちます。
次に(3つの)湯呑に8分目程度まで(湯さまし器から)注ぎ分け、そのままの状態で15分待ちます。
また、湯さまし器に残っているお湯は二煎目以降に使いますから(湯さまし器に)残しておきます。
湯さましの時間は、温度や湿度など環境によって違いますから手の感覚も参考にしてください、ポイントは『湯呑に触ってもほとんど温かさを感じない』感覚が約40°Cと考えてください。

■茶葉の量、その後はどうすればよいのでしょうか?

そして急須へ茶葉を大さじ3杯入れ、湯呑からお湯を(すべて)急須へ注ぎ入れ、(一煎目は)2分抽出します。
その間に湯呑を拭いてお茶を淹れる準備を進めます。
そして、急須の中に出来上がっている白折(抽出液)を回し注ぎで分け、「最後の一滴まで絞り切る」です、しっかり絞り切ることで二煎目がおいしくなります。
熟練者の茶かすは湯切りがしっかりとできています。

■回し注ぎとは?

回し注ぎとは、「1・2・3」と注いだら「3・2・1」と注いで戻る、3まで注ぎ、次は2にいってしまいそうですが、3まで注ぎ3にもう一度注ぐことが重要なポイントです。
これを繰り返して均一の味わいにします。

■二煎目も楽しむ方法を教えてください。

二煎目は、湯さまし器に残っているお湯を使用しちょうど茶葉が浸る程度までお湯を入れていただくとちょうど良く、二煎目の抽出時間は(一煎目の半分の)1分、そして湯さまし器に二煎目を注ぎ入れ、3つの湯呑に分けてください。
水出し茶におすすめのお茶はどれですか?とご質問があれば、「水出し推奨茶葉の白折」は旨味が持続するのでお得ですとお応えしています。
茶葉には養分がたっぷり含まれていますので足し水をしてもコクのある味わいが持続してくれます。

■用意するものはなんですか?

「水出し茶ポット(500ml) ※茶こし付」「茶葉」「大さじ(無ければカレースプーン)」「水 ※水道水もしくはミネラルウォーター(軟水)」。

■「素朴仕立 白折」を水出し茶にする方法は?

水出し茶の作り方です。
最初に水出し茶ポットに白折(茶葉)を大さじ(無ければカレースプーン)4杯入れます。
次に水を400ml入れ、冷蔵庫で50分間抽出すれば出来上がり、抽出液が半分程度までなくなれば足し水をしてみてください、3回程度はお楽しみいただけると思います ※美味しく淹れるポイントは、こぼれないようにポットをぐるぐる回してお茶の味を整えて注いでいただくと美味しい水出し茶をお召し上がりいただけますので一度お試しください。

宇治茶の通販で人気の素朴仕立て 白折(しらおれ)の特徴とは?

萌芽し被覆期間が長くなればなるほどアミノ酸(全窒素)量は増加して甘いお茶になる

素朴仕立て 白折(しらおれ)の淹れる温度や分量

■お茶が甘い?

白折の主原料として使用している宇治田原産の(鋏刈)宇治玉露を選ぶ上で大切にしていることは、茶葉が柔らかい状態を保ち、水色が美しい黄緑であることです。
お茶の葉は、萌芽(ホウガ ※冬の間、固い冬芽でじっと寒さに耐えてきたお茶の芽が芽吹くこと)から被覆期間に入り、被覆期間が長くなればなるほどアミノ酸(全窒素)量は増加し、甘いお茶になります。
しかし、摘採時期が遅れると葉が硬化して味わいが薄くなり、香りも変化します。
しかし、肥培管理を充分に行っている茶葉は大きくなっても固くなりにくいように管理することができます。
アミノ酸を溜め込んだ甘い味を一煎、二煎、三煎と味わっていただけるよう白折の原料(茶葉)を厳選しています。

素朴仕立て 白折(しらおれ)の簡単な淹れ方とは?

宇治田原産の(鋏刈)玉露を主原料とした「素朴仕立 白折」

■「素朴仕立 白折」のことを詳しく教えていただけますか?

宇治玉露の呼び名で知名度が高い京都宇治田原は、寒暖の差が大きく霧の出やすい恵まれた条件が揃う自然環境の中でお茶の生産が行われています。
白折は、「果実のような味わいでのみごたえのあるお茶」をコンセプトに宇治玉露の中でも目立つ素材の良さを活かし、(流芳園)独自の味をつくり上げました。
宇治田原産の上質な玉露は、味わいに香りとうまみの強さがあるのが特徴、湯さましして淹れた時の一煎目と二煎目の味わいがそれほど変わらないのが品質を裏付けています。
さらに素材を活かす巧みな仕上げ技術を用いることで、旨味と華やかな香味を醸し出す贅沢な味わいを作り出します。
『素朴仕立 白折』は、味の核として引き立つお茶を見極め、リアルな素材の魅力をお客様に知っていただきたい。
そんな思いから試行錯誤を重ね仕上げています。
緑茶としての茶葉それぞれの個性と性質を熟知していてこその職人技をご堪能下さい。

京都宇治茶 素朴仕立 白折(しらおれ)
名称原材料産地賞味期限
緑茶緑茶(国産)京都産6ヶ月
宇治茶の通販・お取り寄せ 流芳園|京都の老舗お茶屋【熱湯玉露・煎茶】
カテゴリーから探す
宇治茶の流芳園について
お買い物ガイド
ブログ
アカウント
お問い合わせ

Follow Us On