オリジナル玉露 夕誉(ゆうほまれ)
サムネイル画像
サムネイル画像
サムネイル画像

オリジナル玉露 夕誉(ゆうほまれ)

1,620円(内税)〜3,296円(内税)
容量
数量
茶葉の紹介
オリジナル玉露 夕誉(ゆうほまれ)の特徴とは?

凛とした香味が程よい 贅沢な新感覚

オリジナル玉露 夕誉(ゆうほまれ)のオススメ

■「オリジナルブレンド 夕誉」はどのようなお茶?

流芳園オリジナル玉露 夕誉は、簡単で淹れやすい高級緑茶。
水出しから熱湯まで幅広くお楽しみいただけます。
「お茶の淹れ方ってよくわからないわ」と言われるような方から、湯温や抽出時間など淹れ方にこだわる方も含め、より多くの方に美味しく簡単にご愛飲いただけます。
夕誉は、八代目園主 谷口善右衛門がひたすらお茶と向き合い、多くの材料、数々の試作を繰り返し作り上げた、従来の緑茶のイメージを覆す全く新しい緑茶。
天候と芽の動きから摘採のタイミングを見極めることで若芽に摘採することができ、若芽の茶をミル芽いい、そのミル芽(若芽)の旨味と充分な肥培管理をすることで作られる養分の旨味、独自の精選加工を施し、微量の高級宇治抹茶をあしらえることで凛とした香味が生まれます。
その味わいは上品な香りとコク、それから透明感のある薄緑を表現することができ、うまみ・香り・水色、各々に品位を感じていただけるプレミアムな味わいに仕上げました。

オリジナル玉露 夕誉(ゆうほまれ)の美味しいお茶の淹れ方とは?

「簡単で淹れやすい高級緑茶」と「急なお客様でもお手軽にすぐに出せる水出し茶の方法」

分量(3人分)(水出し茶)
オリジナル玉露 夕誉(ゆうほまれ)の淹れる温度や分量

「高級なお茶は熱いお湯で淹れると美味しくない?」、これがお茶のイメージではないでしょうか。
夕誉は、熱めのお湯(80〜90°C)に対応しており、簡単かつ美味しいを実現。
さらに水出し茶も楽しんでいただけます。
簡単で淹れ易い高級緑茶、もちろん湯さましをしていただくことでより一層旨味は引立ちます。

■用意するものはなんですか?

「茶葉」「急須」「茶碗3つ」「大さじ(ティースプーン)」「沸騰させたお湯100°Cで300cc」「布巾(フキン)」 湯温は熱め(80°C〜90°C)まで湯さましをして入れましょう。
まずは、120ccの湯呑を3つ用意し、熱湯を湯呑の8分目程度までお湯を入れ、湯呑が温かくなるまで待ちます(5〜10秒)。

■湯さまし、お湯の計量、その後は?「オリジナルブレンド 夕誉」の淹れ方について

まずは、3人分を熱め(80°C〜90°C)のお湯で淹れてみましょう。
ポイントは湯呑を使って湯さましをするということです。
一般的な湯呑のサイズは、大体120cc程度のものが多いので普通の湯呑を3つ用意します。
その湯呑の8分目程度まで3つともお湯を入れ、急須へ茶葉を大さじ2杯(ティースプーン4杯)入れ、湯呑が温かくなったことを確認しお湯をすべて急須へ入れてください。
一煎目の抽出時間は50秒〜1分、このときに湯呑を拭いておきます。
最後に出来上がったお茶を急須から回し注ぎし、二煎目も美味しく味わっていただくために最後の一滴まで絞ります。

■回し注ぎとは?

回し注ぎとは、「1・2・3といったら3・2・1と返る」、これを繰り返して均一の味わいにする注ぎ方です。

■二煎目を入れるポイントは?

さらには、二煎目の待ち時間は一煎目の半分で30秒となります。
急なお客様でもお手軽にすぐに出せる水出し茶の方法をご案内させていただきます。
夕誉の水出し茶は急須で淹れるのがベスト!

■用意するものはなんですか?

必要な用具は「急須(300cc程度)」「茶葉(夕誉)」「水 ※水道水もしくはミネラルウォーター(軟水)」「氷(製氷機の氷を使用)」「大さじ(ティースプーン)」。

■急ぎの時でも美味しい水出し茶が急須で作れる方法は?

まずは、急須に夕誉を(茶葉)を大さじ2杯(ティースプーン4〜5杯)入れます。
次に氷4〜5個を入れ、水180ccを茶葉の上へ掛け入れます。
そして、急須を50秒間小刻みに強く振ります(コツは急須 を平行に 茶葉と水が急須の側面にしっかりと当たるように振ります)。
湯呑もしくはガラスコップなどに回し注ぎで分け(廻し注ぎ:1・2・3といったら3・2・1と返るを繰り返す)、最後の一滴まで注ぎます。
二煎目も氷2〜3個を急須へ入れ、水150cc程度を茶葉の上へ掛け入れ、30秒程度小刻みに強く振って、湯呑などに注いで下さい。

■急須を強く振るため注意点がございます

・急須の蓋をしっかり押さえて振って下さい ・急須の蓋の穴・蓋の隙間 ・注ぎ口からお茶が こぼれると思いますがご勘弁下さい(こぼれる程強く振って戴きちょうど良い) ・強く振っていただくのでこぼれ易く予め「台所の流しの上」「台ふきを下に敷く」など注意

■水の計量についてご参考にしてください

・水150mlの目安はペットボトル500ml容器⇒三分の一 弱 程度 ・濃いめがお好みの方は水の量を少なめにしてください冷蔵庫で50分間抽出すれば出来上がり、抽出液が半分程度までなくなれば足し水をしてみてください、3回程度はお楽しみいただけると思います
※美味しく淹れるポイントは、こぼれないようにポットをぐるぐる回してお茶の味を整えて注いでいただくと美味しい水出し茶をお召し上がりいただけますので一度お試しください。

宇治茶の通販で人気のオリジナル玉露 夕誉(ゆうほまれ)の特徴とは?

リーフ×抹茶の上級ブレンド

オリジナル玉露 夕誉(ゆうほまれ)の淹れる温度や分量

■茶葉について

「まずはこのお茶を飲んでみてください」とつい言ってしまいそうになるような特別感がある。
リーフは葉色の明るい深緑色をしたハンナリした甘口タイプと鮮度感のある艶やかさを感じさせる若芽の浅蒸タイプに火入れします。
抹茶はビターな味わいの中にしっかりと旨味が存在する、お茶らしい香りの強い、古くから好まれてきた伝統的な製法を用いた宇治抹茶を使用しました。
上質なリーフのブレンドに加え、宇治抹茶を微量にあしらうことで透明感のある薄緑色の美しい水色、ほのかな甘さと香りがプラス、後口も爽やか、アフターヌーン・ティにおすすめ。

オリジナル玉露 夕誉(ゆうほまれ)の簡単な淹れ方とは?

八代目園主が創り出した、プレミアムリーフを大切なお客様への手土産

■「オリジナルブレンド 夕誉」はいつできたの?

京都の町からは少し離れた宇治田原・流芳園の八代目園主が創り出した、緑茶のプレミアムリーフ(茶葉)。
宇治茶メーカーの中でも200有余年の歴史を持つ当園は、創業が天明年間。
先代から「淹れ易くて美味しい」とお客様にお喜びいただける高級緑茶は創れないか?と、様々な味をつくってきた七代からのお題は、最高のご馳走として親しまれる緑茶、熱めのお湯でサッとお手軽に淹れられ、現代の時間に合わせながらも「薫りは高く」「色は美しい」そしてお茶の味わいは深い逸品。
伝統的な素材・仕上げ加工・火入れ・合組を一つひとつ見直し、一口飲むだけで質の違いがご理解いただける味わい、2010年からはじまり商品化は2012年、今は、大切なお客様への手土産にも重宝されるようになり、流芳園の定番商品として、全国の皆様へお届けさせていただいております。
素材を見極め、職人たちの仕上げたおいしさが、何気ないひと時や特別な時間を、より豊かにしてくれます。

オリジナル玉露 夕誉
名称原材料産地賞味期限
緑茶緑茶(国産)国産6ヶ月
宇治茶の通販・お取り寄せ 流芳園|京都の老舗お茶屋【熱湯玉露・煎茶】
カテゴリーから探す
宇治茶の流芳園について
お買い物ガイド
ブログ
アカウント
お問い合わせ

Follow Us On